サンプル画像

マイルを貯めるクレジットカードを比較

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

マイルの還元率がもっとも高いのが航空会社系のクレジットカードです。

jalcard.jpg

>>JALカード割引で特典航空券予約をしてみた感想はこちら


マイルが貯まるカードはたくさんありますが、
航空系と比較すると、なんと3倍の開きがあります!

どの航空会社のカードにするか

これがとても重要です。
なぜなら、カードの航空会社が加盟している航空連合ならば、
ほかの航空会社を使ってもマイルが貯まるからです。

自分がよく使う航空会社が決まれば
必然的にどの航空会社のカードにするかも決まってくるのです。

日系カードは3年で失効するが、国内の電子マネー(suicaやpasmo等)に交換できます。
電子マネーに変えられない外資系カードは有効期限が実質ないことです。

 

航空系カード

ANAカード
MileagePlusカード
おすすめ→漢方スタイルクラブカード

JALカード デルタ航空カード
航空連合 スターアライアンス ワンワールド スカイチーム
加盟数 32社(世界最大) 13社 19社
加盟航空会社 ユナイテッド航空
ルフトハンザドイツ航空
エア・カナダ
スカンジナビア航空
タイ国際航空
ニュージーランド航空
全日本空輸
シンガポール航空
オーストリア航空
アシアナ航空
LOTポーランド航空
USエアウェイズ
アドリア航空
クロアチア航空
TAP ポルトガル航空
南アフリカ航空
スイスインターナショナルエアラインズ
中国国際航空
トルコ航空
エジプト航空
ブリュッセル航空
TAM航空
エーゲ航空
エチオピア航空
アビアンカ航空
TACA航空
エーゲ航空
エチオピア航空
アビアンカ航空
TACA航空
コパ航空
深圳航空
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
カンタス航空
フィンランド航空
イベリア航空
ラン航空
日本航空
ロイヤル・ヨルダン航空
S7航空
エア・ベルリン
マレーシア航空
KLMオランダ航空
アエロフロート・ロシア航空
アエロメヒコ航空
厦門航空
アリタリア-イタリア航空
アルゼンチン航空
エア・ヨーロッパ
エールフランス
ケニア航空
サウディア
大韓航空
タロム航空
チェコ航空
チャイナエアライン
中国東方航空
デルタ航空
ベトナム航空
ミドル・イースト航空

 

マイルの失効期限のない外資系

外資系のクレジットカードはマイルの有効期限が実質的にありません。

JALやANAのように3年後に失効ということもなく、
確実にマイルが貯まっていきます。
実際には2年など有効期限はありますが、
クレジットカードを1回でも使えば、期間は延長されます。
だから、実質無期限といえるでしょう。

外資系カードは スカイチーム系のクレジットカード(デルタ航空カード)か、
世界最大のスターアライアンス系のクレジットカード(マイレージプラスセゾンカード)があります。

どちらもポイントが日系カードよりも多くつくのも特徴です。
1マイル100円、1.5マイル100円など日系にはない高還元率です。

外資系のデメリットは、電子マネーに換えられないことです。

JALやANAカードは3年でマイルが失効しますが、
SUICAやPASMO、楽天スーパーポイント、東急ポイントなど
失効が近くなると他の電子マネーに変えることができます。
他の電子マネーもそれぞれ失効期限がありますので、
いずれにしても、使わないとなくなってしまうポイントと考えましょう。

 

日本国内で毎日の通勤や移動が多いならば、Suica付きもある

 

普通カードのほかに、Suica、Pasmo、東急と提携しているブランドから選べます。


定期券の購入に利用するだけでポイントが加算されるのを利用しないのは損です。

 

ANAクレジットカードにSuica機能が付いているのが「ANA VISA Suica」です。
普段のバスや電車にのってもマイルが貯まっていきますので
普段の通勤や通学でもマイルが貯まるカードです。
年会費は2100円ですが、Web明細にすると1575円に割引されます。

anavisasuica.jpg
>>ANA VISA Suica・もっと詳しく ←クリック!

 

JALカードは、普通カードのほかに、Suica、東急、学生専用のnaviなどから選べます。


有名どころのJALカードSuicaは、JALカードとSuicaがひとつになったカードです。
貯まったマイルを電車にも飛行機にもバスにも使えます。
ワンタッチで改札を通過できたり、
Suicaマークのお店でも使えるのは一度つかったらヤミツキです。
デメリットは1年で2万マイルまでしか交換できないこと。
ただし、JALカードSuicaにSuica定期券の機能をつけることができないことと
家族カードがないので注意が必要です。

jalcardsuica.jpg
>>JALカードSuica・もっと詳しく ←クリック!

航空系クレジットカードではANAとJALのほかにも外資系航空会社が発行しているクレジットカードがあります。
マイルの付与率はほとんど同じくらいですが、年間コストや電子マネーへの対応など若干異なります。

 

特典航空券は、JALやANA、スカイマークなどありますが、

予約の取りやすさに若干差があるようです。

▼参考▼

jalcard4.JPG

 >>JALカード割引で特典航空券予約をしてみた感想の記事はこちら

 

バックパッカーご用達のMileagePlusセゾンカード

なんといっても世界最大のスターアライアンスのマイルが貯まるのが
MileagePlusセゾンカードです。同じグループのANAの国内航空券も交換できます。ポイントも1000円で15マイルたまります。これは脅威の付与率です。日系の1.5倍にあたります。しかし、通常のカードだと、3万マイルの上限があり、それ以降は1000円で5マイルに落ちます。常住のゴールドカードだと、年会費は高いですが、年会7万5000マイルまで5マイルに落ちません。

マイルは毎年何かしらカードでマイルがつく買い物をし続けるかぎり
JALやANAのように3年で失効ということもなく
じっくりと貯めたい人向け。
海外旅行に定期的に行きたい人はこのカードが最強だと思います。

 

デルタ航空はスカイマーク特典航空券と交換できる

デルタ航空の最大の特徴はポイントが100円=1マイルと還元率がよく、
上限もないこと。さらに、日本のスカイマークの航空券と換えられる。

たくさん貯めて大きな旅行に出かけることもできるのがデルタ航空クレジットカードです。スカイチームのマイルを貯めることができます。マイル付与率も100円=1マイルと改善されました。また、ポイント有効期限が無制限なのが特徴です。
入会時に最大5000マイルボーナスも付いてきて、
入会してから半年以内にデルタ航空を使えば10000マイルがプラスされます。
さらに、毎年のカード更新するだけで2000マイルが加算される太っ腹なカードです。

drtajcb.jpg
>>デルタ スカイマイル カード・もっと詳しく ←クリック!