サンプル画像

JALカード割引で特典航空券予約をしてみた感想

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

JALカードを1年間使った。

東急TOP&clubQというカードだ。ブランドは、どこでも無難なマスターカード。

jalcard.jpg

 

100円で1マイルたまる、ショッピングマイルプレミアム会員(年会費+3240円)で入会。

1年メインカードで使っているので、30000マイルくらいはたまった。

 

東京⇔福岡間を特典航空券で予約した。

普通は15000マイルだけど、JALカード割引マイナス1000マイルと、期間限定で、減額2000マイルキャンペーンをやっていた。

使ったマイルは12000マイル。

予約は簡単でホームページで、特典航空券の空席照会をして、当日、JALカードを羽田でカウンターで通すだけ。

 

jalcard2.jpg

 

羽田について、搭乗手続きをすると、以下のようなレシートをくれる。

空港に持っていくのは、JALカードだけでOKだ。念のため予約確認メールも携帯に保存しておけば、完璧だ。

jalcard4.JPG

ちなみに、裏にはコーヒー1杯無料券が印刷してある。

出発前のロビーで一服できる。

 

 

JALカード割引はかなりお得

今回は、減額キャンペーンとJALカード割引をあわせて3000マイル減額で乗れたが、

定期的に減額マイルキャンペーンをやっているのがJALマイレージバンクだ。

今だったら、学生向けのJALカード navi会員で、2区間6000マイルで交換など国内線特典航空券のキャンペーンや、

国際線特典航空券 ディスカウントマイルで通常より、10000マイル少なくてもOKのキャンペーンもやっている。

何かと、割引が多いので、実際に貯めたマイルは、予定より余る傾向にある。

jalcard5.JPG

福岡から東京への帰りは、2月14日の大雪の日で、機材繰りで欠航。

機材繰りとは、意味がわからなかったが、ロシアンルーレットのようなものらしい。

しかし、キャンセル待ちで、なんとか、搭乗できたが、羽田空港の除雪で20機以上が上空をクルクル回っている渋滞で、

伊豆大島上空で1時間くらいクルクルと空中待機していたが、3時間送れくらいで無事、羽田に到着。

夜10時ごろの大雪の羽田空港はこんな感じに。

jalcard7.JPG

 

翌日の羽田便はほとんど欠航だったので、14日にキャンセル待ちをして正解だった。

 

JALの特典航空券は予約しやすい

出発の4日前から、WEBで予約できる。

ちなみに、本日は6月7日だか、4日後の沖縄行きのフライトはすべて空席ありだ!

jalcard3.jpg

ANAや、スカイマークの特典航空券は使ったことがないので、空席照会の込み具合はわからないが、

JALの特典航空券は、結構予約できると思う。

 

年間300万円くらいクレジットカードで使う人は、JALカード割引やキャンペーンをうまく使えば、沖縄を3往復できるのではないか。

 

ショッピング枠は申請すれば上がった

最初は50万円のショッピング枠だったが、200万円に上げてもらった。

jalcard6.jpg

電話で言っただけで、翌日からOK。

これは、人によって違うと思うのだが、滞納などは一度もないからか。

 

ポイント還元率1%。100円で1マイルたまるJALカードのショッピングマイルプレミアムはお得か

年会費2160円+ショッピングマイルプレミアム会員3240円=年間6500円かかるが、

JALカード割引+キャンペーンを使えば、少ないマイルで使えること。

特典航空券の予約が取りやすいこと

を考えたら、アリと思う。

ちなみに、初年度の年会費2160円は無料となる。

 

また、10000マイルでアマゾンギフト券、や電子マネーWAONに交換できるのだが、

アマゾンギフト券はこまごまとした買い物に使える。現在一時停止中であるが・・。

 

ちなみに、ANAマイル還元率1.05%のカードを現在使ってる。

ANAカードでも1%なので、航空系カードでなくても、それ以上にマイルが還元されるのだ!

 

いずれにせよ、マイルを貯めるクレジットカードを選んだ場合に、

最近感じていることは、支払いを1枚のカードにまとめること。=ポイントを1枚のカードに集中させることが重要だ。

 

明細も1つですっきりするし、個人事業や会社を経営している方ならば、

で経費を入力するときも、明細が1つの方がやりやすいと思う。

 

後は、交換できるサービスが自分にとって利用価値があるかどうかが大きなポイントだと感じている。

アマゾンなのか、電子マネーなのか、ガソリンなのか、現金割引なのか・・・

 

結局、年間300万使う場合は、マイルの還元率は、漢方カードの方がよくなり、

現金割引として買い物にも反映できるので、今は、漢方スタイルカードに切り替えている。

 

マイルは3年間で失効するが・・

JALやANAのマイレージは3年間で失効してしまうが、

1年間使ってみて、この心配はなくなった。

マイルを使う楽しみが増えたからだ。

 

JALカードは、解約しても、ポイントは引き継げる。

クレジットカード機能の付いていないものを送ってくれる。

jalmaireji.jpg

 

ちなみに、電子マネーWAON付き、なしが選べる。

 

 

jalcard1.jpg

 

管理画面をみていると、年に1度のバカンスなど楽しみのためにマイルを貯めよう!という気になってくる。