サンプル画像

バービーカードを契約!ANA系のマイルが貯まるカードの2枚持ちに!

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

クレジットカードを1枚にまとめて1年たった。

 

高還元率でおなじみの漢方スタイルクラブカードだ。

 

事業用として、ネット関係や、ドメイン代、広告費などだけでなく、

コンビニや、スーパー、はたまた、ETCまでこれ1枚でまとめて使って生きた。

 

しかし、確定申告の書類を入力しているときにそれは起きた・・

 

DSC_0850.jpg

 

明細が長すぎて・・どれが、経費で、どれが個人用(事業主貸)かわからない!!!!

 

1行、1行、何に使ったか領収書やネット明細で判断して・・・、とてもめんどくさいのである。

 

そこで2015年度は、事業用と個人買い物用にカードを、それぞれ分けることにすることに!!

 

これだと、カード明細は事業用だけ見ればよく、作業もラクチンになるはず!という魂胆。

 

いろいろ検討した結果、選んだのはライフカード。

 

条件としては

 

1 ANAマイルにそこそこのレートで交換できる(1P=3マイル)

2 そこそこ還元率が高い。(1%以上)

3 年会費やマイルへの遺憾手数料が無料である。

 

これらの条件にどんぴしゃに当たったのがライフカードである。

 

漢方スタイルも(1P=3マイル)なので、ほぼ同等のマイル還元率といえる。

漢方とライフでたまったポイントを、ANAマイルにそれぞれ効率よく貯蓄できるというねらいだ。

 

ちなみにポイント還元率で比較すると・・

 

ライフカード 漢方スタイル
年間50万使わない 0.5% 基本 1.75%
年間50万 1.05% (翌年+300ポイントで)
年間150万 1.22% (翌年+ポイント2倍で) 年間100万 1.83%、(翌年+500ポイントで

 

といった感じか。。計算間違ってたらごめんなさい。

 

年会費で比較すると・・

 

ライフカード 漢方スタイル
年会費無料 1500円+税

 

ANAマイレージの移行で比較すると。。

ライフカード 漢方スタイル
300ポイント=900マイル 移管手数料無料 300ポイント=900マイル 移管手数料無料

と同じ条件。

 

ETCカードもプライベートと仕事用でわけたい。。

ライフカード 漢方スタイル
ETCカード発行手数料無料 ETCカード発行手数料無料(すでに作ってあるが・・)

 

楽天カードなどだと、確かETCカードは年間500円くらいかかった記憶が。。そんなんはいらん。

 

なぜ、航空系カードにしなかったのか

 

ANA系のカードは、ANA移管手数料が5000円から6000円かかり(2015年4月から値上げ)、年会費が2100円かかる。

維持費が高い?のである。そこでマイル還元率はほぼ同等で、維持費が安いのが、ライフカードと漢方というのが私の意見だ。

マイルを貯めるならば、航空系カードよりも有利になるのではないか??と思う。。

 

ライフカードは、バービーカードのキャラクターデザインも出ているので、それを狙っている。

早く切り替えをしたいと思っている。