サンプル画像

電子マネー

nanacoマネー残高とポイント残高の違いって?

nanacoのポイントを使うには、ポイントを電子マネーに交換しなければいけません。

これはセブンイレブンでもできます。

店員に、「nanacoポイントを電子マネーに交換してください」といてやります。

 

ちょっとめんどくさいような気もしましたが、

複数のnanacoカードをもっていて10Pとか、15Pとか細かいポイントがたまっていたので、

店員に「この細かいポイントを使い、残りは現金でお願いします」

といったら、理解はしていまたが、結構、手間取っていました。

 

まだ、あまり普及していないのか、不慣れな印象です。

イトーヨーカ堂の8の日に無料で作ったnanacoカードはこれで3枚目。

nanaco3.jpg

 

セブンイレブンのレジで通せるnanacoカードは最大5枚なので、

これを目標にあと2回、8の付く日に買い物です。

 

最大5枚で25万円?50万円(センター預かり含む)の支払いが1回でできる準備ができました。

 

50万円も1回で払うのは、税金だけでなく、他にもいろいろ応用できないかなぁ。

 

 

 


タバコでポイントを付けるには

タバコに関しては、税金の関係もあり、コンビニなどで購入しても電子マネーポイントが付かないと思っていました。

(クレジットカードのポイントはつきます。)

 

しかし、例外があり、ローソンのポンタカードは、ご来店ポイントが1ポイント付くそうです。

ponta1.jpg

 

これは知りませんでしたが、タバコの場合、通常の100円=1ポイントは、ローソンでも

お買い物ポイントは付きませんが、提示してレジに通せば、ご来店ポイントを1ポイントつけてくれます。

 

ファミマは、「タバコはポイントが付かないのですが・・」といわれます。

タバコはローソンでクレジットカードで購入し、Tポイントカードを提示するのが賢い買い方です。

tabako.jpg

 

 

 


ポンタとリクルートのポイントが統合

Pontaといえば、電子マネーで有名なもの。

そこでリクルートのポイントと共通化するという動きがある。

ポンタといえば、コンビニのローソンで買い物をするときにポイントがたまる。

タバコを購入しても、通常他のカードではポイントが付かないが、

来店ポイントも1ポイント付くのがポンタだ。

どちらかというと、貯める電子マネーといえる。

 

一方、リクルートポイントはよくわからない人もいると思う。

じゃらんやポンパレなどがメインに使えるポイントだ。

 

じゃらんといえば、旅行系。宿泊する場所をネットで予約できる。

 

つまり、ポンタで貯めたポイントを、リクルートポイントに交換して、

宿代として使うことができるということだ。

 

ユーザーにとっては、使い道の幅が増えてうれしい。

 

 


ファミマでも、クレジットカードは使えた。

普段、コンビニでなんとなく現金で支払っていたのをクレジットカードに切り替えてみた。

漢方スタイルクレジットカードで、ポイントも貯められる

もちろん、タバコにもポイントが付く。

DSC_0267.jpg

 

ちなみに、ファミマでは、Tポイントカードのポイントも付くので、2重取りが可能だ。

ただし、タバコにはTポイントはつかないようだ。


JALマイレージポイントをアマゾンギフト券特典に交換

マイレージが予定通り、10000マイル貯まった。

jalmb1.jpg

 

マイレージを使うのに、一番交換しやすい単位が10000マイル。

特典航空券で交換できる往復の最小単位となる。

 

交換できる航路は以下の通り。

jalmb2.jpg

 

ディスカウントマイルを使えば、東京から大阪、名古屋、秋田、山形、小松までいける!

しかし、狙っているのは、アマゾンギフト券特典だ。

おそらく一番使い勝手がよいのがアマゾンだ。

 

しかし・・

 

2014年6月現代では、休止中。

 

jalmb3.jpg

8月の中旬に再開予定とのこと。

 

JALマイレージは他にも、ドコモポイント、Suica、TOKYUポイント、小田急ポイント・・・、などいろいろ交換できると思ったが、

各専用カードの会員のみ、限定で交換できるというもの。

マイレージ会員のみで交換できるのは、ファミリーマート専用プリペイドカードとアマゾンギフト券くらいか・・

 

その点、ANAマイレージは、マイレージ会員だけで、交換の幅が広いのが特徴。

スターバックス、電子マネー「楽天Edy」、楽天スーパーポイント、nanacoポイント、Suicaポイント、Tポイントなど、電子マネー系に強い。

どちらがいいのか、は微妙であるが、特典航空券の予約が取りやすいのはJAL、電子マネーに交換しやすいのはANAといったところか。